破損ケースの再生

   特長


再生1 破損したフルートケースを再生します。ビンテージフルートのケースは破損している物が多く見 られます。内部の布の破れ、楽器受け駒の外れ、蝶番部分の分離 等、さまざまな部分が破損します。これらをすべて分解し、元の木枠の状態に戻して破損部分は修理して再組み立てを行います。



再生2もちろん外装皮 革、内装布(ベルベット)は新品材料を使用します。楽器受けの駒や金具(ラッチ)は著しい損傷がない限りオリジナル品を整備して使用 します。銘板等は、剥がして新しくなったケースに貼り替えますのでできるだけそのままでお渡しください。錠前付きの場合鍵を紛失している場合が多いです。ご希望でしたら手加工ですが別料金で鍵をお作りできます。
ここで一言。こ のケース再生は当然見違えるようにきれいにはなり ますが、ビンテージの味とか趣からは離れるかもしれません。私としても少し残念な気がします。


例1         例2                 例3 
再生例1  再生例2  再生例3

 
**受け付け再開中です**


inserted by FC2 system